2010年12月17日

ずっと煮付けで食べてた新種のエイ

九州で新種のエイが確認された。


このエイは九州西部の沿岸で地元ではよく普通種のアカエイと共に獲れていて、
煮付けにして食べていたそうだ。


ずっと普通に食べてきてなんでいまさら?
と思ったが、見た目がほとんど同じで混同され続けてきたのだという。

長崎大学の古満啓介研究員、山口敦子教授らの研究チームがこの10年注さしたところ、
腹の中央部にわずかにへこんだ部分があり、
尾の一部が白く縁取られている特長があり、
遺伝子の解析でもアカエイとは大きく異なっていて新種だと確認された。


「アリアケアカエイ」と命名されたこのエイは全長は1メートルを超え、
大きなものは重量10キロちかくになる。


実際に人の社会に流通していながら、いままで新種と分からないでいたというのはおもしろい。


ぜひ九州に行って、このアリアケアカエイの煮付けを食べてみたい。




タグ:煮付け 新種
posted by せいせいせいぶつ at 23:29 | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログを見るのをとっても楽しみにしています☆これからも楽しく読ませて頂きますね(*^_^*)
Posted by 栃木@美容院 at 2011年01月10日 21:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。